マンション 売却

売却を始めてから、どれくらいの期間が必要?

マンションの売却に関して最も気になることのひとつは、売却を始めてからどれくらいの期間が必要かということです。

●買い手が決まってから契約まで約一週間。
●買い手の書類上の手続きに約1ヶ月から1ヶ月半。

買い手が見つかってから契約に至るまでに一般的に一週間以上かかり、さらに買い手の住宅ローンのなどの書類上の手続きに1ヶ月程度かかります。ようするに買い手が見つかってから、1ヶ月から1ヶ月半ほどの期間をみておかなければならないということになります。

売却マンションが人気の地域で立地が良いとか、売り出し価格が相場より安ければ、売却期間は短くなる可能性があります。また、毎年1月から3月の住み替えのシーズンは、買い手が活発に動く時期であり3月までには住居を決めたいという買い手は決断が早い傾向があるため売り易くなります。

不動産業者との契約期間は一般的には3ヶ月間

マンションを売却するためには、不動産業者と媒介契約を結ぶ必要があります。その媒介契約が一般的には3ヶ月間なので、まずは3ヶ月間で売却することを目安にし、余裕をもって6ヶ月間ほどはみておいた方がいいかもしれません。マンションの査定は複数の不動産業者に依頼しましょう。それには、「無料一括査定サイト」を利用すると便利です

事情により少しでもマンションを早く売却したい場合には、不動産業者にマンションを買い取ってもらうという方法があります。最も、買い取り価格は査定額の7割程度となってしまうようです。

また、マンションの売却は新しい住居への買い換えという場合が多いかと思います。そこで新しい住居の購入資金に充てるためにマンション売却を先行させ、いくらで売れるかを確定させてから、新居探し行うのが良いでしょう。


マンションは売れてもローンは完済出来ず
景気がずっと悪中、我が家はマンションを売って引っ越すことになりました。そこで、いくつかの不動産会社に査定を依頼しました。どの会社も同じような価格でしたが、それはこちらが思っていたより遥かに低い金額でした。景気はもう20年間ずっと悪いですが、自分達のマンションの価格がそこまで下がっているとは思わず、ショックを受けました。初めは少し高めに売りに出しましたが、それでもローンの残債が完済出来るか出来ないか位だったので、新しい家の頭金に入れることが出来ないのです。おまけに20年を超えていたので、マンションとしての価値はないので、土地として売ることも出来ますが、更地で渡すとなるとまたお金がかかるの、それも出来ませんでした。結局引っ越すギリギリになって、不動産会社が買い取ることになっていた金額より50万円位上の値でどこかの業者が買いました。我が家は新しい家のローンの上に、前の家のローンの残債も上乗せになってしまいました。前のマンションの住宅ローンを毎月の返済以外はなかなか返せなかったことも大きいと思います。銀行に依って違いますが、住宅ローンは10万円位からネットで返済することが出来ます。何かと大変なご時世ですが出来るだけ節約して、お金が貯まったら少しずつでも、どんどん返済に回した方が良いとつくづく思いました。
住宅ローンの支払いが困難になった時の対処法
今回は住宅ローンの支払いが困難になった時の対処法について考えてみたいと思います。住宅を買うということは非常に高価な買い物をすることになります。この高価な買い物を一括で支払いできればいいのですが、通常は銀行などの金融機関からお金を借りて数十年の住宅ローンを組むと思います。数十年間問題なく住宅ローンの返済ができれば問題ありません。しかし、数十年に間に何が起こるかわかりません。もし、突然住宅ローンが払えなくなったらどうしたらよいでしょうか。その場合には2つの方法があると思います。一つは競売でこれは金融機関が住宅を含む不動産を差し押さえて売却をしてしまう方法です。この方法については、住宅の所有者は売却に関して意見を言うことができません。一方、もう一つの方法として任意売却というのがあります。この方法は金融機関の合意のもとで住宅の所有者が不動産を売却することができるというメリットがあります。なお、任意売却は競売と比較して他にもメリットがあります。競売は売りに出される時に個人情報が公開される可能性があります。一方、任意売却は個人情報が公開されずに売却されるのでプライバシーの観点でメリットがあります。 以上のように住宅ローンに困った時は任意売却を考えた方がいいと思います。

他の運営サイト

家のリフォーム会社選び
リフォーム会社を探す前に、まずはリフォームの費用や期間、どんなリフォームをしたいのかなど目的をはっきりさせましょう。その上で、リフォーム会社の選び方について考えていくことが大切です。